過去の展示レポート
文眞英展ー■に寄る会話ー

文眞英展ー■に寄る会話ー 2013.7.1~7.12

CONCEPT・WORKS

「目に見えていることの異面に根本的な世界が存在するのであれば、「表現」ということを通じてその世界に入り込みたいと祈りました。色の美しさの異面に色が持つ真性な言語が存在するのであれば、色の言語と対話する表現を成したいと願いました。理性が中心となる表現ではなく、身体の感性が理性より先に色との対話を媒介する表現を試みました。皆さんが視覚だけでなく、身体全体の感覚が触覚までの感性で画面と向き合って色と私との対話を会話へ広めてくださることを願います。」(文 眞英)

BACK