過去の展示レポート
「AKIKO NODA GLASS EXHIBITION‐Into Nature‐」

「AKIKO NODA GLASS EXHIBITION‐Into Nature‐」 2021.7.30~8.13

CONCEPT・WORKS

この度、Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、「AKIKO NODA GLASS EXHIBITION‐Into Nature‐」(ガラスの舟に乗って、自然にとけこむ旅へ) を開催致します。
展覧会開催にあたり作家より下記コメントを頂きました。
「コロナ禍の閉塞感の中で あたりまえだった平和な時を夢見て、ここではないどこかへ旅への想いを募らせる。その中でも変わらない四季の美しさから自然のありがたさを再認識する。その自然も感じられなくなる時がくるかもしれない。 この瞬間、今も1日に100種の生物が絶滅している。コロナもある意味、ウィルスという自然からの逆襲でもある。どれだけ力を持っても私達は生物の一種に過ぎない。地球の一員として自然を愛しむ心をいつも忘れないで、多様な人種、動物、植物、 全ての生物が共存していつまでも変わらない四季を感じたい。」と。
心、自然…うつろいゆくものの一瞬をとらえるというコンセプトで作られた野田さんの作品は優美で繊細な世界観で観るものを惹きつけます。主に月や蓮、海のモチーフで制作されており、時とともに形を変え、儚くうつろう様に美しさを感じます。それはまるで人々のうつろう心のありよう、日常を投影しているようです。
海や水、舟のオブジェ、壁掛を中心に、自然をモチーフにした作品が並ぶ予定になります。夏らしい爽やかな色合いと儚さの中にある自然の生命力を感じることが出来る事でしょう。美しい作品世界は現代人が忘れがちな自然への畏敬の念も思い起こさせてくれます。是非多くの方にご高覧頂ければ幸いです。

出品作家:野田朗子
開催期間:2021年 7 月 30 日(金) ~ 2021 年 8 月13 日(金)
開場時間:11:00~19:00(最終日17:00 迄) 日・祝休廊 

*状況により時間変更等の可能性がございますので最新の情報は幣廊HPやFacebook等でご確認下さい。


BACK