過去の展示レポート
岩渕華林 版画展

岩渕華林 版画展 2013.4.8~4.26

CONCEPT・WORKS

岩渕作品は、人間のもつウラとオモテ、内と外、美と醜、ユーモアと恐怖など、 一人の人間の中にある様々な要素や、相反するものを持ちながら共存している姿 にリアティを感じさせる魅力を秘められています。 その中でもとりわけ、 清濁を併せ持って現代を生きる、女性の強さと弱さの両面を描きたいと作家は感じています。現代社会に生きる人間の内面を見事に描いた作品をご高覧いただきたくおもいます。

BACK