過去の展示レポート
「大小田万侑子展 ーいつか満ちる月の光へー」

「大小田万侑子展 ーいつか満ちる月の光へー」 2022.2.8~2.26

CONCEPT・WORKS

  この度、Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、アートウィーク+α「大小田万侑子展 ーいつか満ちる月の光へー」を開催致します。 
大小田氏は東京生まれ、鎌倉育ち、沖縄県西表島の紅露工房 染織家石垣昭子氏の下で染色の研修を受け活動している藍と型染の作家です。動植物がモチーフとなった作品からは神話の世界のような印象を受けます。今展について作家より下記コメントを頂きました。
「型染技法を用い、人や動植物、架空の生きもの、自然現象な どの模様を染め、線と色のコントラスト の世界観による生命感の表現を目指しています。制作の根底には自然への憧憬と神仏への畏敬の念があり、日本神話や民謡から古代の 人々の精神性を見出し作品制作を行っています。本展覧会では、地球の引力と月、そこで生きる生きもののつながりに物語を見出し制作した作品を展 示します。」と。細かな型染めの技法で描かれた作品から紡がれる物語は観るものを作品の世界へ誘います。深い藍の世界と描かれものたちから放たれる生命力は作家の自然へのまなざしをも感じとれるようです。是非、多くの方に高覧頂ければ幸いです。

*2022 年2 月26 日( 土) ~ 3 月5 日( 土) の期間は近隣の新美術館にて開催の5 美大展の期間に合わせて周辺画廊との連動企画として卒業生や若手作家にスポットを当てたαアートウィーク展を開催、そちらにも参加予定。

開催期間: 2022 年2 月 8 日(火)~ 2 月 26 日(土) 
開場時間:11:00~19:00(最終日17:00 迄) 日・祝休廊 
*状況により時間変更等の可能性がございますので最新の情報は幣廊HPやFacebook等でご確認下さい。

BACK