過去の展示レポート
Roppongi α Art Week 2018  「太田絵理×小矢田美里」

Roppongi α Art Week 2018 「太田絵理×小矢田美里」 2018.2.19~3.3

CONCEPT・WORKS

Roppongi α Art Week 2018 「太田絵理×小矢田美里」を開催致します。
毎年、六本木の国立新美術館では、東京五美術大学連合卒業・修了制作展が行われています。その開催期間に合わせ、六本木の画廊が集い、将来的に有望な若い学生の作品展「Roppongi α Art Week」と称した企画展とスタンプラリーを行っています。Hideharu Fukasaku Gallery Roppongiでは、次世代を担う若手作家を応援すべく、今年も参加させて頂くこととなりました。本年はスタンプラリーに加え、学生の作家が、自らの作品をギャラリストに売り込む機会をつくるべく、ポートフォリオレビューと題した新企画もあわせて開催いたします。
当画廊で選出した作家、太田絵理(版画)・小矢田美里(油画)の2名は、 実力と才能を兼ね備えた期待すべき若手作家であり、自信を持ってご紹介致します。太田絵理氏は、弊廊グループ主催の「第6回FEI PRINT AWARD」にて大賞も受賞されました。それぞれの作家が作り出す特別な空間を是非ご堪能下さい。
つきましては、是非、貴誌上でご掲載いただきたく、何卒ご検討下さいますようお願い申し上げます。

開場時間:11:00〜19:00(最終日は17:00まで) 日曜・祝日休廊

開催イベント:参加galleryを巡るスタンプラリー、
        スタンプを集めた方にはポストカードをプレゼント

※Portfolio Reviewの開催期間は、2018年2月22日(木)~3月4日(日)となっております。
ポートフォリオレビューにつきましての詳細は、お問い合わせ下さい。

BACK