過去の展示レポート
主催:榎戸優美子展 -循環-

主催:榎戸優美子展 -循環- 2018.4.23~4.28

CONCEPT・WORKS

榎戸氏は東京造形大学美術学科絵画専攻領域を卒業後、イタリア・フィレンツェのPlazzoSpinelli美術専門学校にて油絵修復を学んだ作家です。
帰国後には、建築士の資格も取得するなど、多岐に渡る芸術の分野を取り入れながら、独自の作品を生み出してきました。
本展覧会の開催にあたり、次のようなコンセプトを掲げています。
「そこに見るのは繰り返される日々の出来事かもしれない、循環するように何度もめぐっているのにそれは決して同じものがなく全てが貴重で儚い、手の中にあったと思っていたことが次々に消えては形を変えて現れる日常のもの。日常の美しさを再発見していただけたら嬉しく思います。」と語る榎戸氏。
かけがえのない瞬間をキャンバスに描いた油彩、パステルの作品シリーズです。

2017年4月 23日(月)〜 4月 28日(土)
開場時間 :11:00〜19:00(最終日は17:00まで) 日曜・祝日休廊

BACK