過去の展示レポート
石川慎平個展 -残像の記録-

石川慎平個展 -残像の記録- 2018.8.20~8.31

CONCEPT・WORKS

 石川氏は今展について、『写真に透明樹脂をかけることで像を溶かして解体する。平面のイメージは透明樹脂の中に溶け出し、硬化することで定着し立体として再構築される。写真の内容は作者の個人的な思い出であり、何事にの早いレスポンスを求められる時代の中で、確かにあった「こと・もの」を流され見失ってしまわないための記憶となる。』と話してます。
 石川氏自身の平面から立体に再構築された記録として残しておきたい思い出を通じて、早く流れていく私たちの記憶について思い返させる展覧会となっております。

BACK