過去の展示レポート
柗井圭太郎展 -accessory fruit-

柗井圭太郎展 -accessory fruit- 2018.7.31~8.10

CONCEPT・WORKS

「柗井圭太郎展 -accessory fruit- 」と題し、果実をテーマに漆を用いた立体作品の展覧会を開催いたします。
 柗井氏は今展について、『実と思ったそれは花托。実は表面の小さな粒々。願いを叶えるため、果実は姿を変えてゆく。処女懐胎を促すという北欧神話の苺、ギリシャ神話の女神たちに愛された洋梨、魔法で藪苺に帰られた伝説の姫、アダムとイブが口にした禁断の実、なんと詩的喚起力の富むことか。夢裡でもかまわないから口にしたい、姿を変えたそれを。』と語っています。
 現在、東京藝術大学美術学部工芸科助教を務めている柗井圭太郎氏。伝統技術を用いながらも斬新な作品の数々をお楽しみ
いただける展覧会となっております。

BACK