過去の展示レポート
加山又造版画展

加山又造版画展 2014.6.23~7.11

CONCEPT・WORKS

加山又造は、1927年京都市生まれの日本画家です。
京都四條派、円山派に学んだ絵描きである祖父や西陣織の図案職人の父の影響で幼いころより絵画に親しむようになります。
京都市立美術工芸学校、東京美術学校を卒業の後、画家の道を歩み始め以降、国内外の展覧会への出品、轟会の結成、多摩美術大学や東京藝術大学などでの後進の指導など、意欲的な活動を展開しました。
その他、中国北京の中央美術館、イギリスの大英博物館で大規模な個展も開催し、2003年には、文化勲章を受章しています。

その作品は、日本画の伝統ある様式美を独自に発展させた作風で私達を魅了し続けます。
このたび、版画を中心とした小品を展示いたします。
是非、ご高覧頂けますと幸いです。

BACK