今後の展示会
こどもヘルメット展 -小山一馬-

こどもヘルメット展 -小山一馬- 2018.12.3~12.15

CONCEPT・WORKS

ダンボール他“棄てられた物”で作品を制作し発表している小山一馬-こどもヘルメット展-の展覧会を開催いたします。
 今展について、『こどもといると、何かを説明してくれたり、言い訳を言っていたり、思っていることや、伝えたいことを一生懸命に話をしてくれるのだが、何を言っているのか分からない事がある。そして、その意味不明さに、思わず笑ってしまうのだが、こどもはこちらの様子を見て憤慨する。そんな大人を見て、こどもは考えたのだろう。だったら大人にも分かるように、今何を思っているのかを、ヘルメットの上に乗せてみようかと。』と小山氏は語ります。
 美術的観点からのリサイクルとして、廃材(特にダンボール)を使用した作品を、環境問題や不安をテーマに発表している小山氏。現在埼玉県狭山市にある、武蔵野短期大学幼児教育学科准教授を勤めながら、図画工作、保育内容指導(表現)、美術などを担当しています。又、表参道ヒルズ「キッズの森」にて、小学生以下を対象にしたワークショップを定期的に開催しているほどこども教育や環境問題に熱心に取り組んでいます。ダンボールで作られたこどもの無邪気な姿とユーモアが溢れる展覧会となっております。

2018年12月3日(月)〜 12月15日(土)
開場時間:11:00〜19:00(最終日は17:00まで) 日曜・祝日休廊
会  場:Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi
住  所:〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
料  金:入場無料
http://www.facebook.com/hfgroppongi

BACK