過去の展示レポート
Blade Next展 王怡方 ×  佐久間仁

Blade Next展 王怡方 × 佐久間仁 2019.3.11~3.23

CONCEPT・WORKS

この度、Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、
「Blade Next 展」と題し、前途有望な若手作家を招いて展覧会を開催いたします。
息の長い作家を育てるため、画廊は常に初心を忘れずに新しい風を入れ、
作家とともに成長したいと願う展覧会です。
 
今回は、秘密をテーマにした陶作品を発表する王怡方と頭に残ったイメージから作品を制作していると語る佐久間仁をお届けします。

王怡方は、多摩美術大学大学院美術研究科を2018年に修了した作家で、陶作品の中には王怡方が占ってもらった本人についての記号、ひみつが描かれており、作品の形の面白さと合わせて想像力を掻き立てられます。佐久間仁は、東京藝術大学大学院日本画研究領域に在籍する作家で、自覚なく記憶された無意味な瞬間が、不意に語り出すと本人が言う様にどこかで見たような普遍的な風景や朦朧とした意識のような抽象的な形をお楽しみ頂けます。それぞれが描き出す世界観を是非ご堪能下さい。

BACK