今後の展示会
東儀悟史 − Clockwork livestock sculpture −

東儀悟史 − Clockwork livestock sculpture − 2020.5.18~5.30

CONCEPT・WORKS

このたび、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi では、東儀悟史「Clockwork livestock sculpture」を開催致します。
東儀は彫刻家,CG パース、建築模型、予備校教育等多彩な活動をしている作家です。
彫刻もCGを使用しながら制作しています。・CG でモデリングしてプリントアウトした図面→・木に転写→・カット→・
全パーツ→・接着→・接着後→・粗彫→・蚤で彫刻というように現代的素材としてパソコンと手作業両方の良さを取入れて
います。制作と発表という行為を長年続け、教育の現場から見えてとれる感情や問題点も考えながら彫刻表現をしています。
作家より今展の作品について下記コメントを頂きました。
「自分の手を介さないで彫刻を造る、イメージを生の状態で出力していく彫刻表現。
 それがklockwork Livestock Sculpture(3dプリンターでイメージ[イメージ=脳内の家畜]を表現する彫刻)なのです。」と。
彫刻とは何か…常に問いながら制作される作品は鑑賞者に様々な事を考えさせてくれます。

開催期間:2020 年 5 月 18 日(月)~ 5 月 30日(土)
開場時間:11:00~19:00 日・祝休廊 
* 5月30日(土)六本木アートナイトイベントの為、22時まで営業予定


BACK