過去の展示レポート

主催:江刺榮一  東北から鎌倉へ 86年の歩み 江刺榮一展 2014.10.22~10.31

CONCEPT・WORKS

江刺榮一は、岩手県一ノ関市出身の木彫アーティストです。上京された際、鎌倉の博古堂にて後藤俊太郎(後藤家28代)に偶然出会い、「新しい鎌倉彫」を作るために尽力されてきました。また工房での仕事の他にも、日展や現代工芸などに出品されてこられました。自然を観察することによって形態や構成のヒントを得ながら、江刺独自の視点で作品に表現していく。力強く、そして対象の「内側」を外から垣間見せるようなその彼の作品は人の心に訴えかけてくるものがあります。

BACK